--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.12.25

メリークリスマス。

20041225222737
メリクリです。

年に一度の登場であるワイングラスでシャンパンを。そしてちっちゃいけどクリスマスケーキ。
特別なコトをしないとはいえ、やっぱり気分だけは味わわないとね。
だって今日の昼間はひとりでお買い物。相方さんはお仕事でついさっき合流。
いちおう乾杯してケーキ食って、カタチだけクリスマス。

う~ん・・・でもこんなのにも慣れてきた。
昨日は明石家サンタも無事に見れたし。今日のX'smapは挫折したけど。
テレビ漬けなのもそう悪くないなぁ。てかむしろ楽しいかも。
スポンサーサイト
Posted at 22:27 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2004.12.25

Dr.コトー診療所(CX系/木曜22:00)

20041225002319
ドラマランキングBEST1に輝くこの作品。
長年『この愛に生きて(CX系/木曜22:00)』がトップに君臨していたのですが、ついにそれを抜く作品が現れました。自分的に『この愛・・・』以上にハマる作品はないと踏んでいたのですが、とんだ読み違いでした。

キャスト良し、キャラクター良し、ストーリー良し、演出良し、ロケ地良し、音楽良し、気合良し。とにかく誉め殺ししちゃうくらい文句の付けようがないのです。
いたるところにフジのやる気を感じます。『北の国から』亡き後をこのドラマが継ぐんだろうなぁ。

ドラマを見て泣くコトは多々あったものの、このドラマはそれだけに留まらず、しゃくりあげて泣きまくるというコトを経験させてくれました。
島がキレイだから余計だよね。景色だけで泣けるもん。ホント、病んでる自分を発見できるよ。すごいドラマだよ。

みんな愛すべきキャラなんだけど、やっぱりコトー先生(吉岡クン)がいちばん好き。もう彼はコトー先生にしか見えません。『猫です』ってCMのあのセリフだけでチャリ乗ってるコトー先生が見える。それくらいハマり役だと思う。
コトー先生の不思議な魅力って、吉岡クンだから出せたような気がするんだよねぇ。どうしたらあんな表情できるんだろう。コトー先生はどの場面でも『表情』で語ってる。
加えてあの穏やかな独特なしゃべり方。与那国に行ったらホントにコトー先生に会えるんじゃないか?って思わせてくれる。てか思いたい。私も『コトー先生っ!』って呼びたい。

後はやっぱり原親子。剛利さん(時任さん)も剛洋(富岡クン)も二人とも大好き。
時任さんこのドラマで久しぶりに見たけど、熱いね。マジでめちゃ熱い。
剛洋がね、かわいすぎるんだよねぇ。そして剛利さんの力強さ。父親として男としての熱い姿がすっごく素敵で、これまた時任さんが嫌味なくらい似合ってるんだなぁ。

いわゆる『ヒューマンストーリー』にここまでハマるとは自分でも思いませんでした。
恋愛要素がほとんどないドラマだけど、恋愛要素なんてただの味付けくらいで充分だよって思うし、そんな要素なくっても、あの生きてるキャラクターたちを見てるだけで心動かされる。
セリフに重みがあるとゆーか、いわゆる安っぽいセリフがないとゆーか。キャラが確立してるから、どんなセリフにも自然と意味が見出せる。それがまた泣かせるセリフばっかりでさぁ。かなりやばいよ。

こないだのスペシャルでは、剛利さんが漁師を辞めて剛洋が東京へ行っちゃったから、次は剛洋の受験辺りか?剛洋の素朴な島の少年って雰囲気がなくなっちゃうんだろうか。それは嫌だぞ。絶対反対。
今度は、和田さんとか茉莉子さんとか重さんとかのエピソードが見たいなぁ。
てか、剛洋が東京に行くってコトは竜も出てくんのかな?なんか想像が膨らんできた。

ちなみに私は、マンガ版は読んでません。ちょこっとだけ見たコトあるけど、ドラマから入ったのも手伝ってドラマの方が好き。
富良野のように観光地完全体になる前に、一度与那国には遊びに行きたい。すっげー行きたい。
Posted at 00:23 | ドラマ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。