--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.24

初心に帰る。

レッドなBLOGが更新されてました。
オフになってようやく、レッドベースボールクラブの練習に参加できたそうです。
レッド然り子供たち然り、嬉しかっただろうなぁ~なんて。

HPに載ってる映像の中には、『野球を愛する赤星憲広』がいました。
そんな表情を見ながら、思い出した出来事。

先日、高校時代に担任だった先生と話す機会がありまして。
その先生は、地元では有名な高校野球の監督さん。
甲子園に行きたくてその高校に入学した私にしてみれば、憧れの先生。
# でも、在学中はめっちゃくちゃ怖かった。。
# 最近気づいたけど、学生時代は岡田さんの同期?後輩?なのかもしれない。

今まで先生とは野球の話をしたコトがなかったんだけど、今回は『野球に関わるにはどうしたらいいか?』って相談事を持ちかけていたので、いろんな話を私にしてくれました。

「ずーっと迷うコトなく、監督をやっているんだろうなぁ」なんて勝手に想像していたんだけど、ウチの高校は名門校と言われていたので、やっぱり何かと大変だったそうです。
『辞めたいと思った時もあった』って聞いて、ホントに驚いた。

で、私が卒業して数年経ってから、違う高校へ赴任になりまして。
赴任先は『野球部』のない高校。
最初は、重圧から開放されてのんびりしてたみたいなのですが、ある時気づいたそうです。
『オレは、野球が好きで、高校野球の監督をやりたくて先生になったんだ』って。
物心ついてから野球をやってなかった日がなくて、やっぱり野球をやっていたいと。
『初心に帰った』というようなコトを言ってました。

なんかすっごく感動しちゃって、ますます先生のファンになっちゃった(笑)。
話の内容もそうなんだけど、先生とこんな話ができるとは思ってなかったから。

今はまた野球部のある高校で、監督さんとして頑張ってます。
3年生が引退してしまったので、『1・2年生はこれから鍛え直しだ』とすごく迷いのない声で言っていたのが、今でも耳に残ってる。
母校以外の監督さんをやってるのは正直複雑だけど、やっぱり応援したいな。

きっと先生は、『本当に大事なものには、いつ、どんなきっかけで気づくのかわからないものだよ』ってコトを言いたかったんだと思います。
だから、『努力する必要はあっても焦る必要はないんだ』って。
なんかね、物凄く胸に響いたし、この先生の生徒で良かったって心底思った。

うん。だから私も頑張らなきゃ。
悩むのはいいけど、前に進まなかったら意味ないもんね。

・・・あ、しまった。
レッドのBLOGの内容と、全然リンクしてない(笑)。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://buhipoo.blog2.fc2.com/tb.php/187-ec5cff8b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。